競売を回避するために

一旦競売ということに決まってしまうとあとはその法的な流れに沿って手続きがどんどん進められてしまいます。

自分が何もしなければ不動産をあっという間に売却された挙句、債務も残ったとしたらこの先どうしていいのかわからないといった状況に陥ることは目に見えています。

ですから、そういった流れを食い止めるための努力はすべきです。

住宅ローンなどが支払えないとなったら、まず、銀行に相談しましょう。

債務の全体の金額を抑えることはできませんが、最初取り決めた返済期間を延ばしてもらうことにより、月々の返済を少なくすることが可能になる場合があります。

また、今はローンが10年以上残っている人に対して、よく他行で借り換えを勧めたりします。

今払っている金利よりも安く、期間も延ばすことができれば今の負担を抑えるといった意味でいいといえます。

競売となると単に家を売るといった事よりも社会的なダメージが大きい事を考えると色々と考えて相談することは決して無駄な事ではないということも知っていた方がいいです。

住宅を担保に事業資金の融資を受けることも多いでしょう。

事業がうまくいかなくて借入金を払えず、結果的に家を手放したという話はよく聞きます。

競売の流れで進んでしまうとほとんどが強制的に行われることが多いのですが、任意での売却といった方法を利用すると建物の所有者の意志を汲んでくれることが可能になります。

家を売ってもそこに住み続けたいといった時や出来るだけ高く売って返済を無くしたいと考える人にとっては有利な方法です。

ただしそこには債権者の合意も必要ですし、売る時も知人であったりした方がいいということにはなります。

こういった任意売却では税金の滞納なども精算に含んでいたり、引っ越しの費用なども競売とは違ってみてくれるということにもなります。

債権者にとっても競売よりも高く売れるといったことや裁判などの手続きに時間がかかったりというような流れを考えるとできればこちらの方がいいといったことにもなりますので、やはりここでも債務者と債権者がよく話あって合意点を探るのがいいような気がします。