競売には種類があります

物件には不動産が多いと思いますが、その流れにはいくつかの種類があります。

住宅ローンなどの返済が出来なくなった場合に裁判所によってかけられるもの、これは住宅ローンを組む際に担保にしていますから担保不動産競売と呼ばれます。

これとは別に事業目的といった場合に不動産を担保に銀行から融資を受け、その返済が困難になった時、債務者の意向とは関係なく債権者が裁判所を通して不動産を売却しようとする強制競売というものがあります。

さらに一括競売といった仕組みもあって、これは更地を担保にお金を借り、後にそこに家を建てた場合、返済に困ってしまったら、土地と建物両方をかけるといったケースです。

これは同時に売ったものではあっても更地のみでお金を貸した人には土地の代金しか払ってもらえないということになりますから、更地を担保に融資する際には気をつけた方がいいとなります。

競売を回避するために任意売却を考えるといったケースもありますから万一不動産を処分しなくてはならないといった流れになった時にはよく調べることが大事です。

一般的には競売はどういった流れで進むでしょう。

例えば住宅ローンの滞納が約2ヶ月あったとします。

まず債権者と債務者によって返済についての話し合いが持たれます。

債権者の提案に合意すると支払い方を調整したりといったことが行われますが、再度滞納になると債権者は保証会社に返済を要求するわけです。

これは債権者の提案を拒否しても同じ事です。

その後、不動産の差押といった手続きが行われ、裁判所を通じて競売といった流れになります。

その前に任意売却といった方法で不動産を処分できたら、ほぼ市場価格での売却が可能であったり、隣近所にも知られなくていいのですが、強制的に競売になると公示されますし、立退きも待ったなしですし、裁判所が執行する費用もかかってきますし、大体が6ヶ月から1年をめどに処分されるようですが、残債の事、もし連帯保証人がいた場合のことなどを考えると期間的にも短いですし、自己破産が自分だけではなく、保証人にまで及ぶかもしれないことを考えるとできるだけ避けたいということになります。